ゲームの攻略&関連記事を書いています。その他気になった雑記も。

攻略ヒント

ダイエット 筋トレ

天然アクセサリー「シックスパック」を手に入れたい!

投稿日:

二ヶ月の人体錬成結果

こう書くと広告と思われそうですが、違います・・・。これどっちも私です。
ろくにブログも更新してませんでしたが、肉体改造に励んでおりました。

10年以上運動という運動を一切してなかった、ゲームアニメオタクだった私でも、ここまで出来ました。
かなーりしんどかったですが、今では自信を持って、筋トレ楽しい!って思えるようになりましたよ。笑

ダイエットのきっかけ

個人的にダイエットを始めようと思ったきっかけはいくつかあります。
いくつかの出来事が連鎖的に重なりました。

「いくら服を買ったところで、その腹じゃ金の無駄遣い」

ある友人と話をしていた時に、言われた一言。

「いくら服を買ったところで、その腹じゃ金の無駄遣い」

が、脳天を突き刺しました。
彼はやせ型でスラっとしてたわけですが、この言い方はホントに見も蓋もない。。
とんでも無くマウント取られた気になりました。

ただ、まあ当時の私はホントにだらしない体型になっていたので、言い返す言葉も無く、中途半端に言い返すことすらカッコ悪いと思いました。
その発言もまた正義だと思ってしまったところもあり。

お腹を馬鹿にされたので、彼以上のお腹になってやろう・・そうだ!アニメに登場するキャラは皆腹筋が締まってる。
筋肉ムキムキでも無いのに、謎に腹筋だけはある。。

こいつを見返すには、それ以上になるしかない。

――シックスパック(腹直筋を6つに割ること)を我が身に宿してみたい――

ジョジョ立ちが似合うスタイルになりたい!笑

そう思いました。
本当にその時は思い付き。

「最後は見栄えで決めろ」

職場で新卒採用の面接官の依頼が来た時、うちの部門長からわざわざアドバイスが来た一言。

「たかが30分の面接で、学生の過去や将来性なんか見抜けるわけが無い。でも見栄えだけは一目で分かる。最後は見栄えで決めるのが確率的に良い。」

うむ。。。これはこれで説得力あるなーと思いつつ、いざ面接に。
ぶっちゃけ見栄えだけで選考したつもりは無いし、自分は一次面接で数名通したものの最終的に内定出ていた学生は・・確かにスタイルはシュッとしてたんですよね。
ただ、確かに見栄えが崩れてる学生は・・第一印象で魅力に欠ける、ということは感じましたね。
なんというか、やっぱり太っちょは生活のだらしなさが染みついている印象が抜けきらない。

ただ・・面接の合否はともかく、見栄えも込みで選考する側がこんなスタイルであっていいわけがない。
デブがデブを評価するとか意味が分からん。
それは不誠実になってしまう。真面目に体型改善せねば!・・そう思いました。

気付いたら周りが運動してた

職場の人達との飲み会で周りの人達と話してた時、ある人は土日にランニング。
ある人はジムに通ってるとのことでした。

意外にもみんな努力してるんだな。。なんか・・キラキラしてるな!カッコイイやん!
とりあえず『運動してる』って自分も言いたいな。

んじゃ、ジムでも通うか・・!
まあ、自分が本気だしたら、もっと頑張れるけどな!(ニヤ

そんな感じでした。

自信が欲しかった

ダイエット始めた一番の理由は、自信が欲しかったことです。
自信が無い人って多いですよね。
私も例外じゃないです。
仮に他人にいくら認められたとしても、それだけでは自信には絶対になり得ないと確信しています。

自信とは自分自身を信じる能力。

今でも探求中ではありますが、ダイエットして確実に以前よりは自信が持てたと思います。
自分で自分のことが信じられるようになった。

自信をつけるには色々ありますが、私は自分のだらしない肉体が好きでは無かったし、ダイエットほど自信がつくジャンルも無いと思います。

ダイエットは、魂に一番近い世界を再構築する活動だから。

ダイエットの覚悟を決める

そもそも10年以上は余裕で運動という運動をしてこなかったわけで、階段を上がるのも怠いと思ってた自分にとって、ダイエットを継続するというのは非常にメンタル的なハードルが高いと思っていました。

やはりここは課金に頼るしかない・・・

何でも形から入るタイプの自分は、ダイエットの覚悟を課金によって成立させてようと思いました。

24Hジム半年契約

自分が選んだのは近所にある24時間型ジム。(ちょうどキャンペーン中だった)
他にもコナミスポーツやら、ヨガ教室やらとも悩んだのですが、遅刻魔なので予約制というのがハードルがありました。
あとは24時間ジムの方が料金が少し安かった!
但し、トレーナー無しでのダイエットなので全て自己流。

ちなみに会社の健康保険組合の方で、ジムの費用を一部キャッシュバックしてくれるシステムがあったので、加入している人はジムを決める際に、その対象施設になっているかどうかを確認しておくと良いと思います。私はOKでした。

契約したのは2019年5月末。半年契約で途中退会は違約金あり。6月のみ無料。
仮に毎日通う暴挙に出たとして・・

7,200円/月×5か月÷180日(半年分)=200円/日。

使い倒せば市営のジムより安いじゃんw。(健保からのキャッシュバック1,500円/月が受けられるので、実際にはそれ以下)
まあ、流石にそれくらいのモチベがあった方がいいか・・と始めました。

最初に買ったもの

とりあえず、ジム開始or通うようになってすぐに用意したもの。
なんだかんだでアイテムはあった方が絶対にやる気になれる!

①ランニングシューズ

ぶっちゃけジムで室内を走るだけなんで、もっと安いでも良いと思いました笑。
屋外ランする人も最初は安いので良いと思います。

②ハーフパンツ

とりあえず手持ちのと合わせて、ユニクロで大人買い。
通う頻度と洗濯のペースに合わせて追加しました。

③冷却速乾タオル

これホントオススメです。(似たようなものならどれも変わらない)
最初は自宅にあったタオルを使ってたんですが、すぐに買い替えました!

理由はランニングなど有酸素運動していると汗が邪魔で首に巻きたくなるんですが、普通のタオルだと熱を持ってしまい、明らかにパフォーマンスが悪い!
ちなみに汗をいくらかいたところで、水分が抜けるだけでカロリー消費にはならないそうです。
汗をかくのは血流を良くして代謝を良くする効果がありますが、カロリー消費は運動によってもたらされるわけで、集中できた方が絶対に良い!
このタオルは冷感で熱を持たないので、最終的に私はアホみたいに買い足して15枚くらい持ってますw。
職場に行くカバンにすら入ってる!スペース取らないので、マジで実用的!

ダイエット活動内容

私がやったダイエット内容。ざっくりと。

①毎日3Km~5kmのランニング&ウォーキング

とりあえず最初はお腹にある脂肪を削り切らねばということで有酸素運動をメインに。
あとはやはり腹筋強化が目的だったので、その後はジムのトレーニングマシーンで腹筋系のものと、マットを使った自重トレーニングを。
これを毎朝6:30くらいから毎日、二週間続けました

・・え?筋肉痛にならなかったの?って

なりましたよw。
特に開始、二日目はきつかった!
でもとりあえず、続けてみようと思って走り&歩きました!
そしたら、いつの間にか筋肉痛は消えてましたね。
筋肉って毎日動かすと筋肉痛になりにくい傾向があるようです。

なんせ10年以上運動をしてないわけです。
朝起きてジムに行くだけでも、だるい!

正直、この開始時期に良く続いたな・・と自分でも思いますが、とにかく続けることに意地になってたと思います。
1週間続けることで、見た目に少し変化出たと思えたのもモチベーションになりました。

デブな段階からの有酸素運動は脂肪燃焼に寄与しやすいので、見た目の効果が出やすいんですよね。
とりあえず、お腹もですが、顔の二重顎を消し去りたかった・・・。

②体幹トレーニングに変更

二週間走ったくらいから、右膝がおかしくなりました。痛みが出ました。
これは、日常で出社するのに、例えば駅までの徒歩にも支障がでました。
結局、心臓や肺、筋肉は耐えられても、パーツはダメになってしまうようです。
自然と治るかな・・・?と思ったものの、全然治らず、整形外科に行きました。

骨には異常が無かったのですが、痛み止めと湿布をもらい、それでも歩くと痛い日は多かったです。
右膝のびっこを引きながら日常生活を送りました。

ただ、毎日のジム通いだけは止めなかったんですよね。
当然医者にも、周りにも止められたんですが、どうしても止めたくなかった。
止めてしまうと、心まで折れるのが不安でしかたなかったんです。
二週間とはいえ、毎日続けたジム通いの更新を止めたくなかった。

これが人に勧められるような良い見本だとは思いません。
でも、走れないなら、膝に負荷がかからないトレーニングをしようとジムに通いました。
これまでは闇雲に有酸素運動だけしていましたが、この時期に本格的に筋トレを始めることになります。
といっても、ほぼ腹筋運動しかしてません。
怪我をした反省から、ダイエットや筋トレについての見識も深めました。
プロテインを開始したのもこの時期です。

ただ、この時期にジムに通い続けたこと、見識を深めたことは、大きな糧になったと思います。
簡単に終わらせず、出来ることをやり切るという行為は、この活動が大切なもので、自分に向き合っているという実績を残しました。

ただし、この筋トレ期間では、全く痩せることはありませんでした。
これは私が腹筋に特化して鍛えていた影響が大きいと思います。

まだ絞れてもいない段階で、他の部位(腕や胸、脚)の筋肥大をしたくなかったんですね。

③有酸素運動再開&食事制限

体幹トレーニングを始めてから二週間強。
少しづつ右膝の調子が復調して、徐々にランニングも開始しました。
びっくりするくらい呼吸が楽になっているのに気づきます。

腹筋を鍛える過程で、その一部『腹横筋』が強化され、有酸素運動の心肺機能も向上していました。
正直、しばらく走って無かったので、また走れるのか?
という不安は強かったんですが、むしろ以前より早く楽に動けました。

加えてこの時期に、食事改善と制限を追加して減量を加速させました。
高たんぱくな食材を取り入れました。

また食事制限として、糖質制限に、カロリー制限。
食欲と向き合うという、今までの人生で経験したことの無い苦痛とも向き合いました。
(結果的に、私に過度な食事制限は向いてないと分かりました。)

正直、これまでは

食事制限だけはしたくない!好きなものを食べたい!

というスタンスを貫いてきたんですが、一回やってみるか・・というお試しで初めてみました。
「ボディメイクの基本は食事で、補助で運動」という人もいるくらいですが、食事制限による減量効果は大きかったですね。汗

④ケトジェニック、そしてチートデー

ダイエットを始めて2か月弱。
この時期になると、体重、体脂肪率の減少が激しく停滞始めました。
私(身長:175cm)の場合体重が60kg、体脂肪率が15%の抵抗線に阻まれて、跳ね返されるの毎日。
もうこのスペックになると、攻略熱が増してるんですね。

よって、次の秘術に手を出したくなる。

そこで目をつけたのが、ケトジェニックチートデー
有酸素運動や筋トレ、食事制限というのは、カロリー収支をコントロールする日常系のダイエット方法です。
それに対し、この二つは簡単に言うと体内にバグを起こして体質を変えてしまう、非日常系のダイエット方法です。

ケトジェニックダイエットについては、足の長い施策なので、現状の効果は何とも分かりません。
これ自体効果が出ないという人も少なくないです。

チートデーについては、私は極端に効果が出やすく、劇薬だと思いました。
何故こんなに副作用が大きいものを誰も語らないのか?謎なくらい反動が大きかったです。
正直ダイエットをしていて、一番辛かったと言っても過言でないのが、チートデー後の飢餓状態です。

チートデーについてはまた書こうと思いますが、自己管理が甘いダイエッターはリバウンド地獄に辿りつくと思います。
ただ、停滞を打ち破る効果は確実にある。
それが私の感想です。

-ダイエット, 筋トレ

Copyright© 攻略ヒント , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.