SAO FB(フェイタルバレット)の攻略&関連記事を書いています。その他気になった雑記も。wkwkデス!wkwkデス!

SAOFB(フェイタルバレット)攻略ヒント

SAOFB アプデ プレイヤーイベント

【SAOFB】第一弾DLCとフェイタルバレット企画

投稿日:

そろそろDLC第一弾が開始される頃だと思いつつ。

フェイタルバレットのプレイヤーイベントを#アサルト杯#2on2杯PVP(ヒーローバトル)中心にやってきましたが、かつてはエクストリームモード攻略というオフラインでの攻略要素があったものの、現状のフェイタルバレットのエンドコンテンツがPVPしか存在しない(PVEの難易度バランスが低すぎる)ことが一番の理由です。

しかし、FBのオフラインはPVE(対エネミー)がメインのゲームであり、PVP自体が人を選ぶので、PVPをプレイしている人口はかなり限られていると思います。

DLC第一弾で期待されるのは・・

ゲームリリースから随分日が経ってしまったため、フェイタルバレットから離れてしまったプレイヤーも多いですが、DLC第一弾がスタートされれば再び注目も集まります。

追加要素として期待できるのは?というと・・

1)ヒーローバトルでの新キャラ登場。

 

ヒーローバトルに新キャラが登場します。ただ、第一弾の追加キャラはあまりに渋いので、ヒーローバトルへの注目は限定的とみています。

既存のヒーローバトル参戦中のプレイヤーにとっては、嬉しい期待要素でしょう。

2)高難易度ダンジョン・ボスエネミーの追加

高難易度ダンジョン、ボスエネミーが追加予定です。

ここで期待したいのは、現状弱すぎるオンラインでのPVEモードも合わせて調整されるという期待です。(合わせて、ドロップアイテムも調整されることで多くのプレイヤーの注目を集めることを期待します。)

3)その他の要素(デスマッチ、新武器)

PVPにエネミーが存在しない、デスマッチの追加は、既存のPVPプレイヤーにとっては期待のコンテンツです。(純粋なPVPをやりたいという声が多いため。)

また新武器の追加は、PVPでも稼働人口が少ないアバターバトルに注目が集まる機会にもなりそうです。

一方でアバターバトルは、既存の武器やスキル(重力弾など)がオーバースペックのため、ゲーム内でのバランス調整ないしはローカルルールが無いと荒れてしまいがちです。

また、ヒーローバトルと異なり、LVや武器格差があるので、新規プレイヤーが寄り付きにくいという課題は引き続き残ります。(アバターバトルはオフラインを掘りつくしたプレイヤーによるエンドコンテンツとしての性格はある)

 

DLCで追加されるオフライン要素も、時間の問題で消化されるでしょう。

こういった環境の中で、フェイタルバレットをどう盛り上げていくか?ということですが、2on2杯運営チームだったAAAさんから以下の提案があったので例として見ていきたいと思います。

次回フェイタルバレット企画案

1)タイムアタック杯

自己申告優先でやりたいパートとボスキャラを決定し
参加者の名前を共闘上位(1位じゃなくてもいい)で埋め尽くすことが狙い

メリットとしては参加者全員の名前がSAOFB上位陣なんだぞ
という公式にも残る告知を兼ねれること

デメリットとしてアバターや武器が育ってない人もいるでしょうが
そこはバフデバフ役をしてもらえば済むことです

タイムアタックというのはフェイタルバレットでいう共闘のことで、いわゆるオンラインのPVEということになります。

個人的にDLC第一弾で一番期待したい部分で、PVEはオフラインの延長線上であり、PVPよりも潜在プレイ人口が多いと予想しているので、DLCないしはアプデの内容次第では規模感的にも期待できると思います。

2)タイマン最強決定杯

ロール縛りなし、キリコのスタンハメもクラインの
重複ヒットバグも許容したヒーロー最強決定戦の開催

ただ決定戦をするのでは面白くないのでペナントレース式で行う
勝ちが多く負けが少ない人が優勝し、順位もすべて出せる
弱い弱い晒しになりそうだから、成績を表示するのは上位5名

ペナント式だから、誰が強いか、誰が弱いか、自分が誰に弱いかが
はっきりと残るのがメリットで、練習するモチベにもなる

アサルト杯がタイマンバトルでしたが、PVP(ヒーローバトル)企画の中でも精神的な負担が少なく、かつ練習もしやすいため、参加ハードルが低いです。

シンプルな分、観戦している人にも分かりやすいです。

ヒーローバトルの各キャラの特徴も、プレイを続けている層には大分見えて来ましたし、アサルト杯からも随分日が経過した今、誰が最強なのか?というのはとても興味深いです。(参考:【SAO FB(フェイタルバレット)】ヒーローバトル(PVP)キャラレビューまとめ

ただし、キャラ選択の自由度は要件等。

3)低レベルアバターBoB杯 (3on3)

Lv30しかないキャラ限定で、装備やスキルは自由
3キャラ目4キャラ目で用意すれば問題ない

3on3としたのは2on2でペア練習がメジャーになったため
3人としてのは今回と同じ固定で決めないためと、戦術拡大のため
ボスが消えるとはいえ、4vs4はごちゃごちゃしすぎるからボツ

特徴としてはヒロバ勢とアバター勢が住み分けされている現状の打開策
すべての武器が解放されるLv80版・上級者向けの125版
現在のアバター戦である150版・次の更新でく上限175版と
追って開催できる点もメリット

低レベルにしているのは、LVや武器、スキルを無制限にしてしまうと、アバターバトルでのオーバースペックが問題になるからかと。

別途ルールを設定してやるのも良し。

アバターバトルは、DLCで新武器追加があり、武器堀りを進めたモチベからの参戦が期待できる?かもです。

4)小説化

参加者全員を登場人物にしたスピンオフ小説を作る
希望者の名前はすべて含めて描画を深く書く
小説家になろうあたりで公開し、全員のTwitterでリツイートする
参加者の個人ブログなどに盛大にリンクを張り、ムーブメントを起こす

SAOFB好きなら読むだろうし、読まれたら普段知らない人物像が理解され
フォロワーが増えるとまではいかないが、ただのプレーヤーという
枠からはみ出て記念になる

誰が小説を書くの?という点は書ける人複数人でOK
話の視点がいくつになっても構わないし、挿絵も絵柄統一せずに付ける
最後にそれら登場人物を全員まとめた話を作れば完結する
まとめの推敲/監修を誰がするかについては参加者で可能な限り参加

PSIDとtwitterID/ハンドルネームは今のものを固定して利用
GGOだけの世界観だと弱いので、やはり少しはリアルをはさんだ方が
読み物としては面白いが、そこはフィクションでも良いとする
(男子高生→女子大学生、40歳ニート→30歳主婦なども可能)

実は他の案は全て視野にありましたが、これだけは想定外でした。汗

あまりも奇抜なアイデアだったため。

どういう姿と書き手で形にするのか?といったところが課題ですね。

小説書くなら、自分も参加してみたいです。笑

5)ミニゲーム

ルールというよりも、別ゲームをローカルで作って楽しむミニゲーム

遊び感覚で参加できる分、既存の層じゃないプレイヤーと交流できないか?という点に期待も。

参考までに、地雷蹴りという企画をMainさんがやっているので、ご紹介。

参考:プレイヤーマッチほぼ毎日開催

イベント企画ではありませんが・・Twitterでほぼ毎日プライヤーマッチを開催しているので、良かったら気軽にご参加ください。

DMグループ内で対戦や雑談も日々賑やかにやっています。

FBのPVP人口も限られていますし、新規さん、大歓迎です!

-SAOFB, アプデ, プレイヤーイベント

Copyright© SAOFB(フェイタルバレット)攻略ヒント , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.